経理業務がわかりやすくなる

お金の動きを的確に把握できる

法人口座がない状態でも、起業をすることは可能ですが、個人の通帳で支払いなど様々な取引を行う形にすると、経理業務を行う際に振り分けの手間が発生します。個人として使ったお金か、法人として支払ったお金かどうか振り分けていく必要があるだけでなく、法人としての残高がいくら残っているかを確認するだけでも大変な状態となることは少なくありません。そんな手間を削減したい時に有効な方法が、法人口座の活用です。個人用と法人用の口座が別になっていれば、帳簿記入に必要な取引だけを抜き出したりする必要がないだけでなく、入金や支払いなどが滞りなく行われているかなどのチェックも手軽になります。そのため、お金の動きを的確に把握したい時も、法人口座の活用がおすすめです。

お金の動きが見えるメリット

法人口座を開設しておくメリットの一つが、お金の動きに問題がない証明をしやすくなることです。どれだけ真面目に経理作業を行い、申告をしていても、個人用と法人用の口座を分けず、資産の内訳が分かりにくい状態であれば、あらぬ疑いをかけられてしまうことは少なくありません。それに対し、個人と企業で口座を完全に分ける形を取っていれば、税務署から余計な詮索をされる心配もありません。万が一質問をされることがあったとしても、帳簿と通帳を提示するだけで、申告内容に問題がないことを証明することができます。そのため、経理業務を手軽にしたいという場合は勿論、税務署からの疑いを避けたいという場合も、お金の動きがしっかりと見える法人口座の活用を考えておくと良いでしょう。