法人名義のクレジットカードやデビットカードが作れる!

個人名義とは別というメリット

事業を行う際には法人名義のクレジットカードやデビットカードを使用すると様々な恩恵が受けられますが、その最低条件として法人口座が必要です。では法人名義のカードにはどのようなメリットがあるのかというと、まずは個人と分けて考えられる点が挙げられます。事業では個人名義のカードを使用しても、しっかり手続きを行えば経費での計上などは可能です。しかしもし普段使いと混同していると、支払いの履歴をひとつずつ確認して、どれが事業用なのかを分別しなければなりません。その点に関して法人名義のカードのみを使用していると、その全てが対象となるので考える手間が大幅に減ります。さらに専用の口座と結びつけることで、予算の把握もしやすくなるでしょう。

法人名義だからこそ活用できる機能

また法人名義のカードには、個人とは異なる機能が備え付けられていることが多いです。具体的な内容はカードごとに異なりますが、よくあるのが法人割引です。カードは他のサービスと提携していることがほとんどで、そのサービスを法人であれば比較的安く活用できるかもしれません。交通機関や宿泊施設など事業で利用しがちなサービスも多いので、そちらを優先してカードを選んでも良いでしょう。そして法人であってもポイントが付く点は個人と変わらず、利用すればするほど還元される分が大きくなる上に、その還元率が高めに設定されているところもあります。また中には経営のコンサルティングや福利厚生などもあり、事業の中心を活性化させる役にも立つでしょう。