法人口座開設の流れ

法人口座を開設に必要な準備と流れ

取引先や金融機関からの信用など、法人口座の開設には数多くのメリットがあります。法人の開設手続きは個人とは異なるので気を付けなくてはいけません。最初に行うのが書類の準備です。開設には印鑑登録証明書や企業用の印鑑など、申請する時に提出する書類がいくつかあります。どれか一つでも不足してしまうと手続きを進められなくなるのでしっかりと確認しておくことが大切です。書類を提出したらそれらを基に適性を判断するための審査が行われます。審査内容は銀行によって細かく違っていますが、定められた基準をクリアーして問題ないと判断されたら手続きは完了です。利用する銀行によっては開設後に専用のIDやパスワードの設定が必要になります。

開設の審査で落とされないようにするコツ

法人口座を開設するに当たって注意しなくてはいけないのが審査落ちです。審査基準は非公開となっていて、審査に落とされた時に理由について問い合わせをしても教えてもらうことはできません。いくつかある審査に落とされやすいポイントの中でも、特に重視されるのが企業の所在地です。この審査は犯罪目的での利用を防ぐために行われるため、バーチャルオフィスように移転がしやすい場所を登記住所にしていると落とされやすくなります。資本金の額も審査結果に影響を及ぼすポイントの一つです。企業の資本金は社会的信用に繋がるので、極端に低い額で申請をすると信頼性に欠けると判断されかねません。審査に通りやすい目安と言われる100万円程度は必要となります。