法人口座とは?

法人口座は個人口座と何が違うの?メリットはあるのか

法人口座とは、法人が1つの人格として認められ、法人が保有する口座のことです。個人名義の口座と使い方はほとんど同じで、出入金など同じ手順で利用できます。実際、法人口座を開設する義務はないので、有限会社などは個人名義でも問題ないようにも思えます。
しかし、法人口座を持つことの一番のメリットは、顧客や取引先との信頼関係が得やすいことです。取引の際に法人口座だと、個人事業主でないことが明白なので信用できる会社であるとすぐに証明できます。法人口座は個人口座よりも作成に多くの書類や実印が必要なので、法人口座があるだけで社会的信頼を得られるのです。更に出入金管理も法人口座の方がスムーズに取引できるので、作成しておいて損はありません。

税関係が明白なのが法人口座

加えて、税務調査がスムーズになるというメリットもあります。税務調査の際に個人名義の口座で会社の出入金管理をしていると、個人の資産や財産が混入しているのではないかと疑われてしまうことがあるのです。また、管理者の手によって業務とはかけ離れたプライベートなことに利用しているのではと感じられ、信用性が得られずトラブルに発展してしまうケースもあるのです。
法人口座開設には、銀行と会社の印鑑、謄本(登記)、代表取締役の印鑑が必須です。さらに銀行によって必要な書類や手続きが変わってくるため、事前にしっかり調べておきましょう。特に会社のパンフレットがあると、法人口座開設時に自分たちの会社がどんな会社なのか、事業内容を説明しやすくなるので、持参することをおすすめします。