法人口座開設に必要なもの

絶対に必要となるもの

どの銀行で法人口座を開設するのかによって多少異なるのですが、いくつかは共通して用意しておかなければいないものがあります。まず口座開設依頼書というもので、ほとんどの場合は銀行に置いているのでそれを使えば良いです。次に登記事項証明書と認証を受けた会社の定款が必要になります。加えて法務局へ届けた代表印と、法務局から交付を受けた代表取締役の印鑑証明書も用意しましょう。他にも銀行で使用する印鑑、運転免許証やパスポートといった身分証明書がなければいけません。ただしこれらのものは、すぐに手に入らないことがあります。そのため会社を設立したのに口座がないといったことがないように、できるだけ早い段階でそろえるようにしたいです。

もしかしたら必要になるもの

法人口座を開設するにあたって、詐欺などの犯罪に関わっていないかを証明しないといけない場合があります。例えば会社が実在しているのかを確認のために、会社案内やパンフレット、扱っている商品を見せなければいけないケースは少なくありません。他にも取引相手への提案書、見積書、仕様書等が必要になるかもしれないので、用意しておくとスムーズに法人口座が開設できます。また行政機関に許可が必要となる事業を行っているのなら、その届け出や認可が下りたことを証明する書類を求められることがあるのです。仮にネット銀行を利用して法人口座を開設するのなら、公共料金の支払いの領収書を提出することがあるのできちんと保管しておきましょう。